iPhone 6s/6s Plusのカメラに搭載された「Live Photos」は、シャッターを押す1.5秒前後の映像と音声を記録する機能です。ただし、Live Photosを再生できるのは、iOS 9以上のiPhoneやiPad、OS X EI Capitan以降のMacなど限定されています。AndroidユーザーやWindowsユーザーに送信する場合は、あらかじめGIFアニメや動画に変換しましょう。

「Live Photos」で撮影する

「Live Photos」で撮影するには、機能をオンにする必要があります。アイコンをタップするとオンになるので、あとは写真を撮影するときと同じように、シャッターボタンをタップしましょう。撮影した写真は、「写真」アプリで確認できます。Live Photosで撮影された写真は、プレスする(強く押し込む)とシャッターを押す前後1.5秒間の映像と音声が再生されます。動く被写体を撮影するときに、写真でも動画でもない方法で記録できるのが魅力です。


▲「カメラ」アプリを起動して、Live Photosのアイコンをタップします。撮影方法は不通の写真を撮るときと同じです。


▲Live Photosを見るには、「写真」アプリで見たい写真を表示し、画面をプレスします。

形式を変更するには「Lively」や「Motion Stills」アプリが便利

Live Photosは限られたデバイスでしか閲覧できません。非対応のデバイスの場合は、ただの写真として表示されます。AndroidスマホやWindowsパソコンでも見られるようにするには、「Lively – Export Live Photo to GIF and Movie」(無料) やGoogleの「Motion Stills」などのアプリで形式を変更しましょう。

Livelyの場合、アプリを起動したら写真へのアクセスを許可し、形式を変更したい写真を選択します。あとは写真を開いて、「GIF」にするか「ムービー」にするかを選びましょう。GIFの場合は再生方向やループ、再生速度、サイズなどを調整できます。初期状態ではアプリのロゴが右下に追加されますが、アプリ内課金(360円)すればロゴを消すことも可能です。


▲アプリを起動すると、Live Photosで撮影した写真の一覧が表示されます。変換したい写真を選択しましょう(写真=左)。ここでは「GIF」を選択。プレビューが表示されるので、確認したら「GIFのエクスポート」をタップ(写真=右)。



▲端末に保存する場合は「保存」をタップ。これで「写真」アプリに保存されます。メッセージやメールに添付することも可能です(写真=左)。エクスポートする前に設定アイコンをタップすると、再生方向や自動リバース、再生速度、サイズなどの調整が行えます(写真=右)。




Google 純正アプリの Motion Stills でも、Live Photos のGIFアニメやMP4動画変換ができます。Motion Stills は非常にシンプルなツールで、サイズや速度調整などの機能には対応しません。一方、手持ちでもステディカムを使ったような強力な手ぶれ補正が使えるほか、ウォーターマークも設定から無料で消去できます。