ネット遅くね?——を解決するWiFiルーター「Portal」。見えない混雑を回避、無線チップ屋によるスタートアップ。インタビュー&デモ、解説

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2016年07月1日, 午後 07:45 in Ignition Design Labs
0シェア
FacebookTwitter


Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。国内でクラウドファンディングを開始した「Portal」は、Ignition Design Labsというスタートアップが手がけるWiFiルーターです。動画はしめて17分。4x4のWiFiルーターの機能を持ちながら、別の受信チップがセンサーのように機能し、常に最適な通信を模索する設計。5GHz帯はWiFiが使える一方で、WiFiが使えるチャンネルと、航空軍事気象レーダーの優先チャンネルがあります。このレーダーも使うチャンネルを利用できるDFS機能は、レーダーに影響を与えないように接続するため、最初1分間の接続待ち、再接続には30分間待つといったルールが決められています。



Ignition Design Labsでは、多くの5GHz帯DFS機能付きのWiFiルーターが、Non-DFSのチャンネルに留まり続ける設計になっているため、WiFiがボトルネックとなった快適でない通信が発生するとします。「Portal」はいわばそれを証明するためのルーターで、もしかすると混雑地域でのWiFiへの不満が解決するかもしれません。


Ignition Design Labsは、旧アセロス(クアルコム)やブロードコムといった無線チップ屋出身者たちによるスタートアップです。機能を独占するのではなく、他社ルーターにもこの機能を提供したいとし、各ルーター毎のトラフィック情報をクラウドで管理、ビックデータ化することで、より渋滞のない協調型WiFi網ができないか?と考えています。動画は17分。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Ignition Design Labs, router, wifi router
0シェア
FacebookTwitter