iPhone内の写真や動画はMacにも保存できます。バックアップとしてデータをパソコンに保存しておけば、端末を機種変更するときや、万が一紛失したときもパソコン経由で新しいiPhoneに写真をインポートできるので便利です。今回使用するiTunesのバージョンは12.4.1.6です。iTunesのバージョンにより設定画面の表示方法は異なります。

iTunesの自動同期をオフにする

iTunesの「自動同期」の設定がオンになっていると、iPhoneとの同期が自動的に開始し、パソコン内のデータがiPhoneに上書きされてしまう可能性があります。まずは、iPhoneをパソコンに接続する前に、iTunesの設定を確認しましょう。

設定を確認するには、Macで「iTunes」を起動し、画面上部の「iTunes」をクリック。続いて、「環境設定」を選択します。「デバイス環境設定」のウィンドウが表示されたら、「デバイス」をクリックし、「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを付け、「OK」をクリックしましょう。


▲「iTunes」を起動し、画面上部の「iTunes」をクリック。続いて「環境設定...」を選択します。


▲「デバイス」をクリックし、「iPod、iPhonne、およびiPadを自動的に同期しない。」にチェックを付けます。設定を保存するには「OK」をクリック。

iPhoneの写真や動画をパソコンに保存する

まずはiPhoneをLightningケーブルでパソコンに接続します。Macで写真をインポートするには、「写真」もしくは「iPhoto」アプリケーションを使用。最新OSのMacでは「iPhoto」が廃止されたので、今回は「写真」アプリでのインポート方法を紹介します。

「写真」アプリを起動したら、「読み込み」タブを開きます。写真の表示には少し時間がかかるので、表示が完了するのを待ちましょう。まだ読み込んでいない写真ある場合は、「新規項目」にそれらの写真が表示されます。未保存の写真をすべてインポートするには、「すべての新規項目を読み込む」をクリックするだけ。アプリ内に写真が保存されます。


▲「写真」アプリを起動し、「読み込み」タブをクリック。写真がすべて表示されたら「すべての新規項目を読み込む」をクリックしましょう。

選択した写真だけを保存する

写真の枚数が多い場合は、選んだ写真だけを保存するのもひとつの手。Macの場合は。「commandキー」を押しながら読み込みたい写真をクリックすると選択できます。 写真を選択した状態で「選択した写真を読み込む」をクリックすれば、写真の読み込みが開始します。


▲写真を選択して読み込むには、「commandキー」を押しながら読み込みたい写真を選択します。続いて、「選択した写真を読み込む」をクリックしましょう。