Facebookが、7月5日より日本国内でも「ミュージックストーリー(Music Stories)」を開始しました。対応する音楽配信サービスからFacebookに楽曲をシェアすれば、ユーザーの友だちのフィードに30秒の音楽クリップを表示できるようになります。

音楽配信サービスはAWA、dヒッツ、KKBOXが対応しています。また7月6日未明の時点では、Apple Musicの対応も確認できました。ミュージックストーリーは2015年11月に米国で開始した機能で、このときはApple MusicおよびSpotifyが対応していました。

使い方は、各音楽配信サービスから楽曲またはアルバムをFacebookにシェアするだけ。すると自分や友達のフィード上に楽曲の再生ボタンと曲目が表示され、その音楽を30秒間再生できます。シェアした楽曲はウェブ、iOSアプリ、Androidアプリでの再生が可能。iOSアプリでは楽曲の視聴中に画面をスクロールして投稿が画面外に消えても小さなプレビュー画面で再生を継続できます。

具体的なシェアの仕方は各音楽配信アプリのプレイリストやアルバムのシェアボタンを押し、Facebookのアイコンをタップ。共有範囲を決め、コメントなどを入力し投稿するをタップします。Facebookでは動画でシェアの仕方を紹介しています。


Facebookは発表文にて「友だちが投稿した楽曲を試聴しながら、その場で楽曲にコメントやリアクションするといった新たな音楽の楽しみ方が可能」になるとしました。また友だちからのクチコミで新しい楽曲やアーティストに出会うという、昔ながらの音楽の伝わり方もFacebook上で体験できるとのこと。一方でアーティストやレコードレーベルは、Facebookから新しい方法でのプロモーション展開が可能となります。

なお、冒頭に記したとおり日本国内の音楽配信サービスでミュージックストーリーに対応するのはAWA、dヒッツ、KKBOXの3つ。またFacebookの発表では名前がなかったものの、Apple Musicから「ミュージックストーリー」機能を使っての共有も可能となっています。下はウェブ版Facebookでの画面例。