高性能VRマシン「HTC Vive」今日から店頭発売、9万9800円。全国36店舗にて

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2016年07月7日, 午後 02:00 in htc
0シェア
FacebookTwitter

HTCは、高性能VRヘッドセット「HTC Vive」の店頭販売を開始しました。価格は税別9万9800円。ドスパラやツクモなどの全国36店舗で本日から購入できます。ViveはHTCとValve社と共同開発したルームスケールVRヘッドセットで、頭の動きだけでなく身体の位置までトラッキングし、仮想空間内を自由に動き回れる点が特徴です。
HTC Viveは、PCゲームプラットフォーム Steamを運営するValve社とHTC社が共同開発した、360°のルームスケールVRシステムです。部屋の隅に対角に設置した2つのレーザーセンサーが装着者の位置をトラッキングし、仮想空間内を自由に歩き回ることが可能。これにより高い没入感を実現しています。

日本でもこれまでオンライン通販を通じて購入可能でしたが、今回ツクモやドスパラなどの販売パートナーとのハートナーシップを締結。本日より実店舗での購入が可能になりました。

希望小売価格は税別9万9800円です。



販売店舗は、ドスパラが秋葉原本店、札幌店、大阪なんば店、京都店、神戸三ノ宮店、名古屋大須店、GALLERIA Lounge、千葉店、横浜駅前店、川崎店、大宮店、八王子店、仙台店、広島店、博多店、浜松店、金沢店、新潟店、町田店、レイクタウンmori店、甲府店、ドスパラパーツ館。

ツクモが、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.、名古屋1号店、DEPOツクモ札幌駅前店、福岡店、池袋店、吉祥寺店、ツクモデジタル. ライフ官。

ユニットコムが、LEVEL HUB、BUY MORE秋葉原店、パソコン工房大阪日本橋店、グッドウィルEDM、パソコン工房仙台泉店。

なお現在Steam上では、250を超えるVive用のゲームタイトルが公開中。国内の開発者向けのサポートプログラムも実施し、更なるコンテンツ増加を目指すとしています。


▲HTC Viveの特徴である歩き回れるVR体験はこちらの動画がわかりやすいです。



(発表会進行中:終了後追記します)

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: htc, HTC Vive, vr
0シェア
FacebookTwitter