無人の自動運転バス『Robot Shuttle』が日本で運行開始、イオンモール幕張新都心で8月から

JIN UTSUI
JIN UTSUI
2016年07月11日, 午後 04:00 in automobile
0シェア
FacebookTwitter
Other

DeNAはフランスのEasyMile社と業務提携し、無人運転バスを利用した交通システム『Robot Shuttle(ロボットシャトル)』の運用を開始すると発表しました。まず8月よりイオンモール幕張新都心店にて、来店者向けに移動サービスを提供するとしています。『Robot Shuttle』は、EasyMile社開発の自動運転車両「EZ10」を利用した交通システム。最大12名(着席6名、立ち乗り6名)が乗車できる電気自動車で、運転席はありません。カメラ、各種センサー、GPSを使い、前もって設定したルート上を自動で走行します。自車両付近やルート上に障害物を検知した場合は、障害物との距離に応じて自動的に減速・停車して回避する仕組みです。

Other

車両サイズは全長3928mm、全幅1986mm、全高2750mm、重量は1700kg。最大速度は40km/hで、最大10時間駆動が可能です。管制室と通話できるインターカム、可動式スロープ、エアコンも装備しています。

運営場所は各種公共施設・商業施設・テーマパーク・工場などを想定し、最初の事例は8月から、イオンモール幕張新都心の来店者向けに提供します。走行エリアは同施設に隣接し、DeNAが千葉市から管理の一部を委託されている、豊砂公園の敷地内となります。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: automobile, dena
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents