ソフトバンク初のWindows 10 Mobileスマホ『503LV』発表。10月下旬以降発売、ビジネス向け

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年07月14日, 午後 05:00 in continuum
0シェア
FacebookTwitter
ソフトバンク /レノボ・ジャパン /日本マイクロソフトが、ソフトバンク初のWindows 10 Mobile搭載スマートフォンとなる「SoftBank 503LV」を発表しました。法人向けのスマートフォンで、発売時期は10月下旬以降。「SoftBank 503LV」はレノボが製造する Windows 10 Mobile機で、レノボブランドのスマートフォンが国内通信事業社に納入するのも初とのこと。

法人向けモデルだけあって、ビジネス向けの機能を充実させたのが特徴。スマートフォンの画面をテレビや液晶ディスプレイなどに表示するWindwos 10 Mobileの「Continuum」機能が使え、外出先のプレゼンテーションなどに威力を発揮します。マウスとキーボードも揃えておけば、出張先の宿で備え付けのテレビを使って文書作成といったこともできそうです。

そのほか、Skype for Business、Officeモバイルなどといったアプリを搭載予定で、出先でのウェブ会議等に対応可能。さらにMicrosoft Intune および Enterprise Mobility + Security といったマイクロソフトのクラウド対応ソフトで業務に必要な情報管理やセキュリティ機能なども確保可能とする予定です。

主な仕様は5インチ1280x720解像度TFT液晶、MSM8952(1.5GHz x4 および1.2GHz x4。計8コア)プロセッサー、3GB RAM、32GBストレージ。最大128GB対応のmicroSDXCカードスロットを備えます。無線機能はIEEE 802.11 a /b /g /n /ac(2.4GHz、5GHz)、Bluetooth 4.0、LTE(下り最大112.5Mbps /上り最大37.5Mbps)。背面8MP/前面5MPカメラ。

外形寸法は約71.4 x 142.4 x 7.6mm、重さ約144g。バッテリー容量は2250mAh。本体カラーはブラックのみ。

筐体は前後面ともにガラス製でちょっと高級感もありそうです。ただその反面、硬い地面に落とすと割れてしまう可能性も高いはず。もしかすると、会社支給品だからと乱暴に扱われないように考えて採用したのかもしれません。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: continuum, lenovo, microsoft, smartphone, softbank, windows 10 mobile
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents