6インチのWindows 10スマホ「MADOSMA Q601」発売日がついに決定、税込4.9万円で7月28日に発売

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2016年07月21日, 午前 11:00 in MADOSMA
0シェア
FacebookTwitter

マウスコンピューターは、Windows 10 Mobileスマートフォン MADOSMA Q601 を7月28日に発売します。6インチ フルHD(1920 x 1080)液晶に3GB RAM、Snapdragon 617オクタコアCPUを搭載。さらにWindows 10 Mobileの目玉機能 Continuumにも対応します。価格は税込4万9800円。MADOSMA Q601は、Windows 10 Mobileを搭載したMADOSMA Q501の上位モデル。画面サイズは5インチから6インチに大型化、解像度もHDからフルHDとなるなど、価格重視の印象が強かった先代モデルに比べてスペックが大きく強化されています。

プロセッサは、NuAns NEOやVAIO Phone Bizと同じ、クアルコムのSnapdraon 617を採用しており、RAMは3GBと、ハイエンドクラスに近い仕様となっています。またバッテリー容量は3900mAhと大容量。省電力に強いWindows 10 Mobileの特性に合わせて、格安SIMを使ってのモバイルルータ運用にも向きます。さらに、外部モニタと繋いでPCのように使えるWindows 10 Mobileの目玉機能 Continuumにも対応します。


デザインで注目したいのは、フロントガラスです。エッジにはいわゆる2.5Dのラウンド加工が導入されており、高級感・質感を高めています。

主な仕様は下記のとおりです
  • ディスプレイ:6.0インチ フルHD (1920 x 1080)
  • プロセッサ(SoC):クアルコム Snapdragon 617 (MSM8952)
  • RAM:3GB
  • ストレージ容量:32GB (microSDXC 最大128GB)
  • カメラ:メイン1300万画素(F2.0 オートフォーカス)、フロント500万画素(F2.4オートフォーカス)
  • バッテリー容量:3900mAh
  • 本体サイズ、重量:160 x 82.3 x 7.9mm、176g (いずれも概算値)
  • 搭載センサー:GPS/A-GPS/Glonass、NFC、加速度/近接/光/電子コンパス
  • 拡張端子:USB-C (2.0)、マイク・ヘッドフォン


▲端子はUSB-C

対応バンドは、国内向けがFDD-LTE 1/3/8/19/28(B)、TDD-LTE 41。WCDMAは1/6/8/19。海外向けがFDD-LTE 1/2/3/4/7/8/28(B)、TDD-LTE 38/40/41です。価格は税込・送料込みで4万9800円です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: MADOSMA, MADOSMA Q601, MouseComputer, windows10, windows10mobile
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents