ASUSは、Android Wear搭載スマートウォッチ ZenWatch 2の新ラインナップとして、WI501Q / WI502Q(BQC)シリーズを7月23日に発売します。

2015年11月に発売した前モデル WI501Q / WI502Qシリーズに比べ、急速充電に対応したのが特徴です。その他のスペックはほぼ同様。なお、「BQC」はBattery Quick Chargeの略となっています。

ZenWatch 2 新ラインナップのBQCシリーズは、本体サイズ49mmのWI501Q(BQC)の3モデルと、45mmのWI502Q(BQC)の2モデルという計5モデル。さらに、スワロフスキー製クリスタルを施した本革ストラップに、パールとクリスタルのブレスレットを付属した「クリスタルエディション」も同時発売します。



価格は、WI501Q / WI502Q(BQC)のメタルストラップモデルが3万6800円(税抜、以下同)、本革ストラップモデルが2万9800円、「クリスタルエディション」が4万5800円です。



BQCシリーズの特徴である急速充電は、本体付属のマグネット式充電コネクターを利用することで、約15分で全バッテリー容量の約60%の急速充電が可能としています。満充電までの充電時間は約70分、バッテリー駆動時間は最長1日半。なお、バッテリー容量は前モデルと比べて、WI501Q(BQC)が400mAhから380mAhへ、WI502Q(BQC)が300mAhから290mAhへと、ややスペックダウンしています。

また、WI501Q(BQC)はスピーカーを内蔵しており、従来から内蔵されているデジタルマイクと組み合わせて、両手がふさがっているときでもハンズフリー通話が可能になっています。



その他のスペックは前モデル同様となり、WI501Q(BQC)が1.63インチ、WI502Q(BQC)が1.45インチの有機EL(AMOLED)液晶を搭載。CPUはクアルコムのSnapdragon 400(1.2GHz)、メモリは512MB、ストレージは4GB。IEEE802.11b/g/nのWi-Fi、Bluetooth 4.1に対応しています。



なお、前モデルのZenWatch 2および初代ZenWatch 2でも利用できるZenWatch専用の着せ替えストラップ(本体サイズ49mm / 45mm用)も発売されます。各サイズともメタル、本革、スポーツストラップの3種類が用意され、価格は2980円〜1万1980円となっています。