STAR WARSの公式ドローンが今秋発売。ミレニアム・ファルコン号でレーザー空中戦も可能

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2016年07月25日, 午後 02:00 in drone
0シェア
FacebookTwitter
SW
この秋、ラジコン玩具メーカーのPropelからスター・ウォーズの宇宙船などの公式ドローン「STAR WARS BATTLE QUADS」が発売されることが発表されました。劇中の本物さながらに空を飛び、ドローン同士の空中戦ごっこも可能。スピーダーバイク、Xウィング、ミレニアム・ファルコン、TIEファイターの4種類が予定されています。
それぞれのモデルは細部にも凝っていてディスプレイにも耐える出来ですが、ただの玩具と違うのは飛べるドローンであること。プロペラの配置もうまく考えられていて、4つの羽根はクリア素材で機体の下面にあり、飛んでいるときは見えにくくなるしくみ。あたかも宇宙空間を駆けてるように振る舞うわけです。
SW
そして時速は約64kmものスピード。その中でミレニアム・ファルコンだけ時速80kmを叩き出し、ワープこそできませんが「銀河最速のガラクタ」の名に恥じません。さらに「プッシュボタンで360度の空中スタント」や、初心者パイロット向けに3段階の速度セッティングもあり。24機が入り乱れてレーザータグによる空中戦も楽しむこともできる至れり尽くせりさです。
SW
これらのドローンは今年の秋に出荷予定で、価格は200ドル〜300ドル(約2万1千円~3万2千円)になるとのこと。Propelの公式サイトで予約受付中ですが、すぐ代金を払い込む必要はありません。とりあえずリザーブしておき、発売までどれが欲しいか頭を悩ませるのも楽しそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: drone, StarWars
0シェア
FacebookTwitter