SteelSeries、Bluetoothに対応したゲーミングヘッドセット『Siberia 840』を発表

JIN UTSUI
JIN UTSUI
2016年08月9日, 午後 04:20 in BluetoothHeadset
0シェア
FacebookTwitter
Other

SteelSeriesは、ゲーミングワイヤレスヘッドセット「Siberia 800」シリーズの新製品として、Bluetoothに対応した『Siberia 840』を発表しました。日本での発売時期・価格ともに未発表ですが、海外の公式サイトでの価格は349.99ユーロ(約3万9700円)。

『Siberia 840』は、ワイヤレスヘッドセットと有機ELディスプレイ搭載のトランスミッター兼受信機で構成された製品で、「Siberia 800」シリーズで初めてBluetooth機能を搭載しています。また、連続的に無線の周波数を切り替える技術でワイヤレス接続でも遅延を抑え、7.1chのバーチャルサラウンド出力にも対応するといった、「Siberia 800」の性能も引き継いでいます。なお、Bluetoothの対応バージョンやプロファイルは公開されていません。

Other

ヘッドセットのドライバー径は40mmで、収納可能なブームマイクやボリューム調整を行うダイヤルなどを装備しています。ヘッドホン部の周波数特性は20Hz~20kHzで、マイク部は100Hz~10kHz。バッテリー込みの重量は318gです。

トランスミッターではバッテリー残量や音源、プロファイルを表示したり、各種設定や音質の設定などの調整を行えます。背面には、電源接続用端子のほか、USB Mini-B端子やアナログ入力/出力端子などを備えています。

Other
 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: BluetoothHeadset, steelseries
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents