Pepper向け「ロボドラマ」が配信開始。第1弾は『ど根性ガエル』とコラボ。キャラクターとPepperが掛け合い

TOKORO KEI
TOKORO KEI
2016年08月26日, 午後 03:40 in anime
0シェア
FacebookTwitter


ソフトバンクロボティクスは、人型ロボット Pepperの一般販売モデル向けの新コンテンツとして、Pepperが披露する「ロボドラマ」の提供を開始しました。

第1弾として、人気アニメ『ど根性ガエル』とコラボレーションし、カエルのピョン吉が登場する「人気キャラクター"ピョン吉"がPepperに住みつく!?」を配信します。「ロボドラマ」は、Pepperが胸部のディスプレイに表示されるキャラクターと、言葉を交わすなどの掛け合いを行いながら、物語が展開するという新感覚のコンテンツです。目の前でショーを見ているような感覚でドラマを楽しめるほか、一部エピソードでは、見ているユーザーも参加する仕掛けが用意されています。



物語のエピソードは1日1回、Pepperが人を認識したときに自動的に再生。ユーザーがディスプレイのアイコンをタッチしたり、話しかけたりすることなく、Pepperが自発的にドラマを披露してくれます。

なお、「ロボドラマ」は、本日8月26日配信のPepperのソフトウェアアップデートを適用することで配信が行われます。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: anime, pepper, robot, softbank
0シェア
FacebookTwitter