ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)が、プレイステーション4用ソフト「グランツーリスモSPORT」の国内発売を予定していた2016年11月15日から2017年に延期すると発表しました。理由は「制作上の都合」で、具体的に2017年のいつごろになるのかは「改めてご案内」するとのことです。

すでにダウンロード版は予約購入が可能になっていますが、発売時期の延期にともない9月中旬までに購入代金を予約者のウォレットに返金するとのこと。すでに予約購入していた人にとっては、何ともやりきれない気分になる出来事かもしれないものの、速いクルマが登場するグランツーリスモシリーズの開発がゆっくりなのは年季の入ったファンでなくともわかっているはず。逆に予定どおり出るほうが、何か不吉なことの予兆かと話題になるかもしれません。

ここは「予定どおり延期」と考え、ステアリングコントローラーの整備でもしながらのんびりと2017年を待ちたいところです。

ちなみに、グランツーリスモSPORTにはダウンロード版とパッケージ版があり、それぞれにエディション違いが用意されるものの、今回の延期による販売形態や価格などの変更はありません。