アップルがiCloudストレージプランの最大容量を2TBに引き上げました。月額は2500円。これまでの最大容量は1TBだったので、一気に2倍の容量へと増えました。アップルは9月7日にスペシャルイベントを予定しており、そこで発表されるだろうiPhone 7には最大256GBストレージのモデルが用意されると9to5Macなどは予想しています。

すでにiPad Proでは256GBモデルが存在していることから、iPhoneに256GBモデルが用意されても何の不思議もありません。ただ、iPhoneの場合は家族で複数台所有することも多く現状のiCloudの最大容量1TBでは不足するケースも、もしかするとありえるかもしれません。

またmacOS Sierraではオプトイン方式ではあるものの、デフォルトで「デスクトップ」「書類」フォルダをiCloud Driveへ保管するようになっているほか、めったに使わないファイルを自動的にiCloud Driveへ移動する新機能を備えています。2TBプランの設定はこれによる使用量増加に対処する意図もあるかもしれません。一方、iPhone他で撮った家族写真などの整理が面倒で全部iCloudへ放り込んでいる人にとっても2TB化はありがたい話となりそうです。
ちなみに、iCloudの2TBプランはアップルのサイトによると月額2500円。米国では19.99ドル(2060円)です。

使い勝手や安定性といった見えない違いもあるため単純に比較はできないものの、いちおう他のサービスを軽く調べてみると、意外に2TBちょうどのプランを提供しているサービスはほとんどありません。1TBプランなら、マイクロソフトのOne DriveがOffice 365ユーザーを対象に月額1274円で提供しています。またGoogle Driveも1TBで1300円のプランを用意しており、これはiCloudの1TBプランと同額となっています。Amazon Driveは容量無制限プランを年額1万3800円で提供しており、月額換算すれば1150円です。