ソフトバンクは9月1日、ポケモンGOの開発元である米ナイアンティック社とパートナーシップ契約を締結したと発表しました。これにより、全国約3700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップが、9月以降、ポケモンGOの「ポケストップ」または「ジム」として登場します。ポケモンGOには、ポケモンを捕まえるのに必要なアイテムなどを入手できる「ポケストップ」や、ほかのプレーヤーのポケモンと闘う「ジム」という拠点が、現実世界の名所旧跡や有名なモニュメントなどに設定されています。今回のパートナー契約の締結により、ソフトバンクショップとワイモバイルショップが、ポケストップまたはジムになるとのこと。

また今後については「ソフトバンクならではの"ポケモンGO"とのコラボキャンペーンやサービスの提供を検討して参ります」としています。


▲ポケストップにはSoftBankおよびY!Mobileのロゴが表示されるため、宣伝効果も期待できそうだ