Other

Yahoo! JAPANは、フィーチャーフォンとスマートフォンを利用している男女3000名に対し、インターネットを介したアンケート調査を実施、その結果と分析を公表しました。

まず、年代別のフィーチャーフォン・スマートフォンの利用率を調査。18~29歳のフィーチャーフォン利用率は15%、30代は26%、60代以上は60%と、年代が上がるにつれてフィーチャーフォンの利用率は上がる結果になりました。一方でスマートフォンの利用率は年齢により下がっていく傾向にありますが、50代は58%、60代以上は34%の人がスマートフォンを利用しており、どの世代にもスマートフォンが浸透してきていることがわかります。

よく利用する機能トップ5は、フィーチャーフォン・スマートフォンのどちらも共通して「通話」「メール」「カメラ撮影」の3つがランクイン。それら以外は、フィーチャーフォンが「アラーム」「電卓」とシンプルな機能が人気で、スマートフォンは「ネット閲覧」「SNS」という結果に。

Other

平均の通話・通信料金の差は2945円、フィーチャーフォンの方がまだ金額を抑えて運用していますが、スマートフォンでもMVNOの利用者数の増加などにより、差は縮まってきています。

Other

フィーチャーフォン、スマートフォンに対するユーザーの満足度は、「ボタンの押しやすさ/画面タッチのしやすさ」「メールの打ちやすさ」「文字の読みやすさ」の項目については差が少ない一方で、それ以外の項目では10%以上の差が開いています。とくに「インターネットサイトの見やすさ」の満足度は、スマートフォンはフィーチャーフォンより約7倍も高い結果になりました。

Other