速報:iPhone用『スーパーマリオラン』が発表。宮本茂氏自らがアップルイベントに登壇して紹介

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2016年09月8日, 午前 02:20 in apple
0シェア
FacebookTwitter


アップルのスペシャルイベントのオープニングは、いきなりのビッグサプライズで始まりました。任天堂のiOS機向けアプリとして『スーパーマリオラン』が発表されました。担当したのは「マリオの父」的存在である、任天堂の宮本茂氏。

宮本氏はゲストとして突如登場し、ゲームをプレイしつつ内容を紹介しました。リリース予定は今年の12月。ダウンロードおよび一部ゲームプレイ無料のゲームとなる予定です。

【6時40分追記】任天堂の公式ページが開設され、リリース予定が12月となる点、ダウンロード無料となる点が判明しましたので、該当の文書をアップデートいたしました。




スーパーマリオランは、従来のスーパーマリオシリーズと基本操作が大きく異なる点が特徴。
自動的に進むマリオに対し、画面タップでジャンプさせたり、方向を変えたりしてアクションをしていくのが基本となります。

宮本氏は「(片手操作なので)ハンバーガーや、(それこそ)リンゴを食べながらでもプレイできます」と紹介しました。




リアルタイムではありませんが、フレンドをはじめ、他のプレーヤーとの対戦・競争の要素もあります。さらにステージ上のコインを集めてキノコ王国を発展させるという、農場ゲーム的な要素も盛り込まれています。







12月のリリースまであと3か月ほどありますが、App Storeには早くも予告ページが登場しました。リリース時の告知設定が可能です。



このように、まだ詳細は不明点が多いものの、いずれにせよ従来のスーパーマリオ(の横スクロール作品)とは大きく違った味付けがなされた作品のようです。

スーパーマリオの新作として見ても楽しめそうな作品だけに、リリースを楽しみに待ちましょう。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, ios, iphone, nintendo, SuperMario, SuperMarioBros
0シェア
FacebookTwitter