Spigen、アップルの完全無線イヤホンAirPods紛失防止用ストラップケーブル発売。耳から出たうどんを首に掛けられます

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年09月14日, 午前 05:30 in airpods
0シェア
FacebookTwitter
iPhone用耐衝撃ケースなどで人気のアクセサリーメーカーSpigenが、アップルの完全ワイヤレスイヤホンAirPods用紛失防止ストラップ「iPhone 7 & iPhone 7 Plus AirPods Strap」を発表しました。Airpodsからのびる柄の部分をクリップして、無線イヤホンのAirPodsを首掛けタイプに変身させるという、なんとももやもやするアイテムです。2016年は完全ワイヤレスのBluetoothイヤホンが続々と製品化されています。アップルもiPhone 7 /7 Plus のイベントで完全ワイヤレスイヤホンAirPodsを発表し、日本のユーザーからは「装着したら耳からうどんが出ているようにしか見えない」と的確な評価を得ていました。

一方、「すぐ落としてなくしそう」と、その装着性を懸念する声も多く、Spigenはそうした人々の不安を払拭する製品をいち早く出してきた格好です。
...なるほど、これならAirPodsが首掛け型に早変わり。たとえ両耳からAirPodsがポロリと落ちたとしても、首に1本のうどんを掛けただけのいたって自然な姿にしか見えないことでしょう。少なくとも落下したワイヤレスイヤホンの片割れが誰かに踏み潰されたり、側溝に落ちてしまうといったリスクは避けられるはずです。

ただ、AirPodsをわざわざ首かけ型にしてしまっては、完全ワイヤレスの意味がなくなってしまいそうです。AirPodsでないといけない理由があれば別ですが、首掛け型にしたいのであれば他のBluetoothイヤホンも一度検討してみることをおすすめします。アップルはiPhone 7 発表イベントの際、AirPodsと同じW1チップを搭載するBeats By Dr.Dreの首掛け型Bluetoothイヤホン BeatsX (1万4800円)も発表していました。

Spigen「iPhone 7 & iPhone 7 Plus AirPods Strap」は、米国のアマゾンですでに予約購入が可能。出荷日は10月17日となっており、通常価格19.99ドルのところ現在は半額の9.99ドルという価格設定になっています。Spigenは日本でもアクセサリーを販売しているため、そのうち日本でも発売されると考えて良さそうです。

ちなみに、このストラップのケーブル部分はフラットな形状です。うどんというよりは きしめん が正しいかもしれません。

アップル、完全ワイヤレスイヤホンAirPodsを発売延期。不具合のため「あと少しだけ時間が必要」
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: airpods, apple, av, gear, headphones, iphone, mobile, spigel, WirelessHeadphones
0シェア
FacebookTwitter