意外と知られていない「メッセージ」アプリの小ワザ:iPhone Tips

Yuji Kotake
Yuji Kotake
2016年09月14日, 午後 06:00 in ios
0シェア
FacebookTwitter


SMSやMMSのほか、iOSデバイス同士であれば無料で利用できる「iMessage」に対応する標準搭載の「メッセージ」。このアプリには、意外と知られていないちょっとした便利ワザがいくつかあります。今回は、知っておくと便利なメッセージの小ワザを紹介します。

編集部注:(本記事はスクリーンショットにiOS 9.xでの表示を使用していますが、提供が開始されたばかりのiOS 10でも同様に使えます。


メッセージを別の宛先に転送する

送られてきたメッセージを別の人に転送したい、と思ったことはありませんか? そんなときはまず、そのメッセージの吹き出しをロングタップ。メニューから「その他」をタップして、右下の矢印をタップすると「新規メッセージ」画面が立ち上がり、そのメッセージを別の宛先に転送することができます。


▲メッセージの吹き出しをドラッグして、「その他」をタップ(左)。画面右下の矢印をタップする(右)


▲「新規メッセージ」画面が表示され、別の宛先を指定してそのメッセージを転送できる

メッセージの送信時間を表示する

「メッセージ」では、そのままの状態だと個々のメッセージの送信時間が表示されない仕様になっています。「このメッセージって何時頃送られてきたっけ?」と、迷った経験がある人もいるでしょう。そんなときは、画面を左にドラッグします。すると、右端に各メッセージの送信時間が表示されます。


▲メッセージを表示した状態で画面を左にドラッグ(左)。画面の右側に各メッセージが送信された時間が表示される(右)

iPhoneを耳にあててオーディオメッセージを再生する

「メッセージ」はオーディオメッセージの送受信にも対応しています。しかし、周囲に人がいる場所で再生するのはちょっと恥ずかしいですよね。自分だけで聴きたいときは、iPhoneを耳にあてましょう。これだけで簡単にオーディオメッセージを再生できます。聴き終わったあとに、iPhoneを下げてもう一度耳にあてると、今度は返信を録音して送信することができます。


▲「設定」で「メッセージ」を開き、「耳にあてて聴く」をオンしておくと、iPhoneを耳にあてる動作でオーディオメッセージを再生できる
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ios, iphone tips
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents