iOS 10へのアップデートで、仕様が大きく変わったロック画面。iPhoneを手前に傾けるだけでスリープを解除したり、ホームボタンを押し込んでロックを解除したりするなど、操作をスタートする際の作法が様変わりしましたが、それ以外にもさまざまな新機能が組み込まれています。

ウィジェット画面を表示できる

これまではロック画面を右にスワイプするとパスコード入力画面が表示されましたが、iOS 10ではウィジェットが表示されるようになりました。ウィジェットでは、次の予定やニュース、天気。株価などの情報を確認できます。iOS標準のアプリだけでなく、ウィジェット対応であればApp Storeで配信されているアプリも表示できます。

ウィジェットの追加や削除を行う場合は、画面最下部の「編集」ボタンをタップ。編集画面が表示されるので、必要なウィジェットの追加や既存のウィジェットの並べ替え、削除などを行うことができます。


▲ロック画面を右にスワイプするとウィジェットを表示。タップすると各アプリが起動する(左)。天気や株価などをロック画面から素早く確認できる(右)


▲ウィジェットの編集を行うには、最下部の「編集」をタップ(左)編集画面ではウィジェットの削除や追加、編集、並べ替えなどを行える(右)

左スワイプでカメラを即時起動

iOS 10ではロック画面を表示して、左にスワイプすると「カメラ」を直接起動できます。従来は画面右下のアイコンを上にスワイプする仕様だったため、アイコンの部分に触れる必要がありましたが、iOS 10では画面のどこをスワイプしてもOK。片手でスマートにカメラを起動できるようになりました。


▲ロック画面を表示して左にスワイプすると「カメラ」が起動する


通知が3D Touchに対応

通知が3D Touchに対応し、グッと押し込むことで次のアクションがすぐに実行できるようになったのもポイントといえるでしょう。「メッセージ」アプリの場合は、通知をグッと押し込むと、直接メッセージを確認でき、そのまま返信することもできます。


▲メッセージの通知。「押してさらに表示」と記載されている(左)。通知をグッと押し込むと受信したメッセージを確認でき、返信も作成できる(右)

iOS 10のホーム画面はここまで紹介してきたように、確認できる情報が増え、次のアクションになるべくスムーズに移行できるような配慮が見られます。ウィジェットも見やすくなり、実用性が高まっているのではないでしょうか。こうした機能を効果的に活用すれば、よりスマートにiPhoneを使いこなせそうです。