ラジコン操作が可能なカメラ撮影用台車『Dolly360』、時速6キロで走行でき、360度撮影にもピッタリ

JIN UTSUI
JIN UTSUI
2016年10月11日, 午後 12:10 in dolly
0シェア
FacebookTwitter
Other

キッズプレートと京商は、狭い場所や低速でもぶれなく、人も映りこまない動画を撮影できるラジオコントロール型撮影機『Dolly360』(ドリーサンロクマル)を発売しました(カメラは含まず)。360度撮影可能なカメラをセットして撮影するのにも最適です。初回販売台数は20台限定とし、価格は税別50万円。『Dolly360』は全長約550mm、全幅は約420mmのラジオコントロール撮影ドリーで、ドローンの苦手とする狭い場所での移動や、スロースピードでも安定してぶれなく撮影できるとしています。前進時は四輪駆動、後進時は二輪駆動する駆動方式を採用し、最高速度は時速約6キロ、走行可能時間は約25分。

Other

カメラを設置する高さは調整可能で、搭載できるカメラの最大重量は1kg(追加ウェイト5キロ使用時、高さ1.6mの位置に搭載した場合)。ジンバル式のオイルショックアブソーバー4本で水平方向、テレスコピック式のオイルショックアブソーバーで上下方向にカメラが安定する装置も備えています。

バッテリー、ウェイト、カメラなどを除いた重量は約6kgで、1枚1kgのウェイトを5枚まで追加搭載できます。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: dolly, RadioControl
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents