ソフトバンクは12月上旬以降、映画「スター・ウォーズ」の世界観を表現したAndroidスマートフォン『STAR WARS mobile』を発売します。ダークサイド エディションとライトサイド エディションのバリエーションを提供し、それぞれボディカラーやパッケージデザインなどが各陣営に沿ったものになります。『STAR WARS mobile』は、「スター・ウォーズ」シリーズの世界観を表現したAndroidスマートフォンです。ダークサイド エディションとライトサイド エディションの2種類を用意し、背面パネルは見る角度によって色が変わる偏光パネルを採用。「スター・ウォーズ」ロゴと、帝国軍と反乱軍それぞれのシンボルをプリントしています。また、個装箱もデザインが異なっています。

Other

12月16日公開予定の新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するキャラと乗り物のフィギュアも5種付属します。キャラのフィギュアはタカラトミーのメタコレ(メタルフィギュアコレクション)シリーズで、乗り物はタカラトミーのトミカシリーズ商品。キャラフィギュアの中には限定の「ダース・ベイダー(ローグ・ワン)ガンメタルver.」も含まれます。

内蔵コンテンツも「スター・ウォーズ」仕様に。「Xウィング」「タイ・アドバンスト x1」のコックピットからの視点で、象徴的なシーンを再現するライブ壁紙を備え、「時計」「天気」「カレンダー」といったホームアプリもコックピットからの視点で使用できます。メールや電話など基本アプリのアイコン、ホームボタンなども「スター・ウォーズ」デザインとなっています。

「帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)」をはじめとする有名曲や効果音も内蔵するほか、人気キャラの壁紙、映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を再生できる映像プレーヤーなども備えています。

スマートフォン本体はシャープ製で、約5.3型のハイスピードIGZO液晶ディスプレイ(1920×1080ドット)を搭載し、OSはAndroid 6.0を採用しています。チップセットはMSM8996(2.2GHz×2+1.6GHz×2)、RAM3GB、内蔵ストレージは32GB。最大256GBまでのmicroSDXCカードを装備可能です。

カメラ性能は、メインカメラは有効画素数が約2260万画素、インカメラは約500万画素。また、無線規格はIEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2をサポートしています。

バッテリー容量は3000mAh。大きさは約73×149×7.6mmで、重さは約155g。IPX5/IPX8/IP5X相当の防水・防塵性能も備えています。