「TOKYOを世界に向け発信するコンテンツ」──をうたうクリエイティブエキスポ TOKYO DESIGN WEEK 2016において、「スーパーロボット展」が10月26日〜11月7日の12日間にわたり開幕します。場所は東京・明治神宮外苑。

攻殻機動隊 S.A.C の1/2サイズタチコマやロボホン、KDDIのHAKUTO MOON CHAKKENGEなども登場。よちよちと頑張って踊るロボットや、VRとIoTを駆使しペンギンとして水中を泳ぐロボット、人と近い所で移動できる柔らかい自動車、合唱する人型ロボットなど、クリエイティブな驚きと楽しさに溢れたロボットや拡張装置を実演展示するとしています。展示作家は次のとおりです。TRYBOTS、rimOnO、airo、高橋智隆+シャープ、川原万有情報網プロジェクト、samplecase、mirai capsule、村田製作所、newrowear、HAKUTO MOON CHAKKENGE、力石咲+TASKO、デイリーポータルZ、karakuri projects。

ロボットは展示だけでなく、実際に体験できます。また10月27日18時から、出展ロボット&先端デザイン人によるプレゼンテーション「ロボットナイト」を開催。これからのロボットや、明日実現する拡張の可能性などについて語り合うとしています。

会場は東京都新宿区の明治神宮外苑絵画館前。当日入場料は大人一般で2500円。日時は10月26日〜11月7日で11月1日は終日閉場です。時間は11時〜21時(最終日は20時)まで。