アニメーションGIF共有サービスGiphyが、Twitterに見捨てられたVineユーザーを救済するため、Vineユーザーが投稿した動画ライブラリーをすべてアニメーションGIFに変換してGiphyへインポートするツールを公開しました。Vineはツールを公開した理由を「われわれはループが大好きだから!」だとしています。ただ、アニメーションGIFは音声をサポートしません。Vineの動画をGiphyに変換すれば当然ながら音声は再生されません。もし音声が重要な要素となっている動画の場合は、もしかするとGIFにしても意味はないかもしれません。

Giphyは動画の音声はGIFとは別のデータでVineのサーバーに保存される仕組みになっているとしています。現状ではGiphyのサービスで音声を再生する事はできませんが、いずれはGIFにシンクロして音声も再生できるようになる可能性もあるのかもしれません。

GiphyはすでにVineからの移行用ページを公開しており、両方のアカウントを持つユーザーはすぐにでも引っ越しが可能です。

なおTechCrunchによると、Vineから移行した動画は音声つきの動画ファイルとしてダウンロードできるようになっているのこと。Vineユーザーはこれまでアップロードしてきた大量の動画が消えないうちに、とりあえずGiphyへ転送するようにしておけば、すべて消えてなくなってしまうという事態は避けられそうです。