動画:Apple Watch 2だけでSuica改札を通れるか実際に試してみました

Hirotaka Totsu
Hirotaka Totsu
2016年10月31日, 午後 02:00 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
Suica

iPhone 7 / 7 PlusのウリであったSuicaのサービスがついに開始されました。初日は、登録が混雑してトラブルも発生しましたが、筆者の環境でも登録ができたので、早速使ってみました。

Suica

Suicaの登録がなかなかできないサービス初日

サービス初日、10.1のアップデートを終えてから、Suicaの登録を行おうとしましたが、すでにサーバーは大混雑。最初はタイムアウトのような挙動でしたが、ついには瞬時に接続できないという表示に切り替わるようになってしまいました。

Suica
▲なかなかSuicaカードが認識されず

Suica
しかし、何度か時間をおいて試みたところ、タイミングよく登録できました。登録できるとプラスチックカードのSuicaは使用不可能になります。Suicaを購入した時のデポジットはそのまま電子マネーとしてチャージされます。

Suica
Apple Watch Series 2への転送は、iPhoneのWatchアプリより行います。Apple WatchへSuicaを転送するとiPhoneからはなくなってしまいますが、カードの移設(WatchからiPhoneへiPhoneからWatchへ)は、何回でも行えます。

Suica
Apple WatchにSuicaを移すと、iPhoneを持っていなくとも、Apple WatchだけでSuicaを使用することができます。試しに、Apple Watchだけを装着してコンビニに買い物に。念のため、サイフは持って行きましたが・・・

Suica
支払い時に「Suicaで」と言い、Apple Watchをリーダーにかざすだけで決済が完了。ファミリーマート系列では、妖怪の仕業により、Apple Payで支払いができる旨が見えなくなっておりました。

Suica
Suicaへのチャージは、iPhoneのSuicaアプリで行います。Walletにクレジットカードを登録しておけば、Apple Payでチャージができます。チャージされたところでいよいよ改札を通りました。

Apple Watchだけで改札は通れるか


このように、左腕に装着したApple Watchですが、体の前に交差させてタッチすることで問題なく通過することができました。また、手のひらを返して直接タッチせずとも、手首の内側をかざすだけで認識してくれます。コンビニや自販機の決済では盤面をタッチさせる必要がありましたので、決済端末に応じて認識する距離は異なるのかと思われます。

タッチに失敗したら「ヘルプモード」で

なお、時としてタッチに失敗してしまうことも。これはカードのSuicaでも起こりえますが、その場合、改札の駅員さんに対応してもらう必要があります。カードの場合には、カードを渡すだけで良いですが、Apple Watchの場合には、このように腕ごと精算用のカードリーダー&ライターにかざさなくてはなりません。


▲改札のタッチに失敗すると、腕ごと精算用のカードリーダーにかざさなくてはならない

この場合、サイドボタンをダブルクリックしてSuicaを表示させ、その状態で画面を押し「ヘルプモードをオン」にすることで、Apple Watchを腕から外した状態でも、処理をしてもらうことができます。画面に「ヘルプモード」と表示されていれば、腕から外してもSuicaが機能するので、タッチに失敗したらヘルプモードを使うと良いでしょう。


▲ヘルプモードをオンにした状態


アップルがMac既存機種を大幅値下げ、12インチMacBookやiMacは2万円前後安価に。米国での価格と逆転
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apple, apple watch, Apple Watch 2, apple watch series 2, felica, iphone 7, suica, top5classic
0シェア
FacebookTwitter