電子楽器のKORGが、1972年に発売されたアナログシンセサイザーの名機ARP OdysseyをシミュレートしたiOSアプリ「ARP ODYSSEi」を発表しました。
ARP Odysseyといえば、1970年代を代表するアナログシンセサイザーで、数多くのアーティストが作品にその音を使用しました。またKORGは2015年にこのARP Odysseyの復刻版を発売し、シンセファンを歓喜させました。

ARP Odyssei アプリは、復刻版を開発したKORGがiOSデバイス向けにARP Odysseyをエミュレートしたもの。シンセメーカーが送り出すシンセアプリだけに音へのこだわりは相当なもので、発音の仕組みには独自のサーキット・モデリング・テクノロジー(CMT)を採用、3バージョンが存在するARP Odysseyに2015年復刻版を加えた、4バージョンすべての音を再現可能としています。
 
 
さらに、ボイス・アサイン・モードやプログラマブル・アルペジエーター、XYパッドといった機能を追加、Macの音楽制作ソフトGaragebandやKORG製のDAWソフトなどと連携し、音作りなども楽しめるようになっています。

APR Odysseiアプリは、KORGいわく「導入価格」が20ドルとのこと。フル機能を使うにはいくらか追加の出費が必要かもしれません。