NECパーソナルコンピュータは、個人向けAndroidタブレット「LAVIE Tab」の秋冬モデル2機種を発表しました。

エントリークラスのLAVIE Tab Eシリーズからは、1万9800円(税抜)と手頃な価格の7型タブレット『TE507/FAW』を11月4日に発売。ミドルレンジのLAVIE Tab Sシリーズからは、8型フルHDディスプレイを搭載し、防塵・防水に対応した『TS508/FAM』を2017年1月に発売予定。両モデルとも通信はWi-Fiのみ(LTE通信には非対応)です。7型タブレットの『TE507/FAW』は、片手でも持ちやすい軽量でコンパクトなボディが特徴です。ディスプレイの解像度はHD(1280x720ドット)、プロセッサはQualcomm APQ8016(4コア 64bit 1.2GHz)を搭載しています。

OSはAndroid 6.0を採用し、2GBメモリと16GBストレージを内蔵。Wi-Fiは802.11b/g/nに対応し、LTE/3Gには非対応となります。カメラはメインが500万画素、サブが200万画素。バッテリー容量は3500mAhで、約10時間の連続駆動が可能です。

カラーはホワイト1色。本日11月4日より販売開始となり、直販サイトでの価格は1万9800円(税抜)です。



『TS508/FAM』は、フルHDよりわずかに大きいWUXGA(1920×1200ドット)解像度の8型ディスプレイを搭載したAndroidタブレットです。高性能プロセッサのQualcomm APQ8053(8コア 64bit 2.0GHz)を搭載するほか、IP5Xの防塵・IPX2の防水に対応。

OSはAndroid 6.0を採用し、3GBメモリ、16GBストレージを内蔵。カメラはメインが800万画素、サブが500万画素。Wi-Fiは802.11ac/a/b/g/nに対応し、LTE/3Gには非対応。バッテリー容量は4250mAhで、約8時間の連続駆動が可能です。本体重量は321g。

カラーはグレー1色。2017年1月より販売開始予定となり、直販サイトでの価格は2万8800円(税抜)となっています。

なお、両モデルとも、タブレットをテーブルなどに立てて置くことができる専用スタンドが標準で同梱されます。また、ドルビーの仮想サラウンド技術「ドルビーアトモス」(モバイル機器向け)にも対応します。

そのほか、NECパーソナルコンピュータの独自アプリ「インフォボード for Android」を標準搭載し、ホーム画面にニュースや天気予報などを表示することが可能です。また、初心者にもわかりやすい初回セットアップマニュアルも同梱されます。