音楽ストリーミングのAWA、無料プランの再生可能時間を20倍に拡大。ただし1曲あたり90秒で次の曲へ

JIN UTSUI
JIN UTSUI
2016年11月7日, 午後 05:15 in AWA
0シェア
FacebookTwitter
Other

定額制音楽配信サービス「AWA」が月額無料の『Freeプラン』を一新、11月7日から月間再生可能時間を20時間に延長しつつ、1曲の再生時間は盛り上がる部分を90秒間のみ再生する「ハイライト再生」のみを利用可能としました。「AWA」は、2015年5月からスタートした定額制音楽配信サービス。新機能の「ハイライト再生」は、曲の盛り上がる90秒間だけを聴ける機能で、曲と曲の間をフェードイン・フェードアウトさせて途切れずに再生します。ハイライト再生は新しいFreeプランでは唯一の音楽再生機能でありつつ、月額960円(税込)のStandardプランでも(使うかどうかはともかく)利用可能です。

Other

AWAが発表した新Freeプランでは、従来1時間/月しか再生できなかったこの再生時間を20時間/月にまで延長、さらに聴きたい曲(の盛り上がる部分だけ)を選択して再生できるようになりました。曲のスキップやリピートなどの再生操作、プレイリストの作成・公開なども可能になったものの、曲の再生方法はハイライト再生に限定されることとなります。従来使えた歌詞表示機能や、320kbps再生はそのままで、広告も表示されません。

Other

Other
Freeプランの刷新にともない、「Liteプラン」は終了することになります。すでに11月6日時点で新規加入ができなくなっており、現時点でLiteプランに加入中のユーザーは自分で解約するか、12月6日に自動解約されるまで使い続けるかを選択しなければなりません。なお、解約後でも契約の有効期限が切れるまでは「Liteプラン」の利用か可能です。

AWAの旧無料プランでは月に60分限定だったとはいえ、楽曲をフルに再生することができました。音楽をどう聴くかはユーザーのリスニングスタイルにもよるものの、新機能のハイライト再生は名前こそよく聞こえるものの、言い方を変えたプレビュー再生であり、実質的には無料ユーザーへの制限を厳しくしたと言えなくもなさそうです。
 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: AWA, music, music streaming, music streaming service
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents