「Core iなのにファンレス」を液体冷却で実現するエイサーの2 in 1タブレット Switch Alpha 12に、Windows 10 Home搭載モデルが登場します。想定販売価格は14万円で、11月17日(木)に発売予定。

Surface似のスリムな筐体に、エイサーが独自開発したというヒートパイプ式の液体冷却システム「Acer LiquidLoop クーリングシステム」を組み合わせた本製品。ファンレスのため雑音もなく、消費電力も抑えられる利点もあります。

(※写真は海外モデル)

Switch Alpha 12の法人向けモデルは2016年夏に登場。今回はそのWindows 10 Home搭載モデルです。

主な仕様は、Core i5-6200Uプロセッサー、8GB RAM、12インチ QHD(2160 x 1440) 10点マルチタッチ対応ディスプレイ、256 SSD、microSDカードリーダー、USB 3.0 x1、USB-C x 1(USB 3.1 Gen1 最大5Gbps)、イヤホンジャックなど。

海外では最廉価版が599ドル(約6万5000円)価格ですが、日本向けに発売される製品はRAMやSSDのグレードが上ということもあり、想定売価は14万円前後となります。

製品の詳細はこちらの記事をご覧ください。
なんとSkylake Core 「i」でファンレス、599ドルから。AcerがSurface対抗WinタブSwitch Alpha 12を発表