iPhone向けGmailが大幅刷新。便利な『メールの送信取り消し』対応、Andoridと同じUIデザインに

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2016年11月8日, 午後 07:00 in gmail
0シェア
FacebookTwitter

グーグルは、iOS版(iPhone / iPad向け)Gmailアプリのバージョン5.0.3を公開。UIデザインをAndroid版と同じマテリアルデザインに刷新したほか、メールの送信を取り消す機能なども追加しました。iOS版Gmailアプリは2011年に登場。その後、2012年に大型アップデートが行われましたが、それ以来ユーザーインターフェイスはデザインは古めかしく、アプリの動作も決して高速ではないというのが実情でした。

11月7日付けで提供を開始したiOS版の新Gmailアプリでは、Android版と同じマテリアルデザインのUIに刷新。iPhone 6sで試用してみたところ、旧バージョンに比べて高速でキビキビ動く印象をうけます。ただ、メール画面の左右スワイプで前後に届いたメールを読めなくなったのは残念なところ。



さらに便利な機能としては、メールの送信ボタンを押した後でも、数秒以内ならば送信を取り消せる「メールの送信取り消し」が追加されました。メールの誤送信の数を大幅に減らすことに役立ちそうです。

バージョン5.0.2の新機能は次のとおりです
  • 送信取り消し機能: メールの誤信を防ぐことができます
  • 検索: インスタント検索とスペルの候補表示でメールを簡単に検索できます
  • スワイプでメールをアーカイブ、削除: 受信トレイを簡単に整理できます
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: gmail, google
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents