アートな写真・動画フィルターアプリPrismaがFacebookライブに対応。iPhone 6s /7でリアルタイム処理

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年11月9日, 午前 05:45 in app
0シェア
FacebookTwitter
 
写真フィルターアプリPrismaのiOS版がバージョン2.8にアップデート、Facebookライブに対応しました。iPhone 6s / 7でPrismaアプリを起動し、カメラモードをビデオに設定すると現れる「Live Streams」ボタンを押すと、リアルタイムで動画にフィルターをかけつつFacebookライブを開始できます。Prismaアプリ上でFacebookライブに使えるアートフィルターは全8種類。これらをその場のシチュエーションに合わせて適用すれば、イベントをより印象的に視聴者に伝えられそうです。

ただし、PrismaでFacebookライブ中継ができるのはiPhone 6s以降のみ。アプリ制作元の説明によると、Facebookライブへのフィルター適用はiOSアプリを実行するiPhone内で映像の変換処理をする必要があるため、それなりのCPUパワーを持つ機種でなければならないとのこと。

PrismaアプリのFacebookライブ対応は現在はiOSアプリのみの提供ですが、現在Android版も開発中。ただし、Android版でののリリース時期はいまのところ未定となっています。

Prismaにライブ中継用のAPIを開示したFacebookですが、実は同じような機能をFacebook自身も開発中だと認めています。この件についてPrismaのCEO、Aleksey Moiseenkovは「承知している」としつつ、「画像や動画をリアルタイムにスタイル変換する我々の技術を、GoogleやFacebookのような大企業がコピーしようとしている状況は非常にクールだね」とコメントしています。

Prismaは今後の改善として、GIFイメージのサポートやSNS共有の範囲拡大、さらにオフラインの処理時間と変換後の画質向上などを計画しているとのことです。





 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: app, artisticfilter, entertainment, facebook, facebooklive, filter, iphone6s, iphone7, mobile, prisma
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents