音楽ストリーミング「Spotify」が一般公開されました。9月下旬より招待制でサービスを開始していましたが、本日からは日本に居住する全ユーザーが利用可能に。広告付きで無料聴き放題の「フリープラン」と、広告なしで月額980円の「プレミアムプラン」の2つを用意します。Spotifyは、登録楽曲数4000万曲以上、ユーザー数は1億人以上をうたう世界最大の音楽ストリーミングサービスです。

iOS / AndroidスマートフォンやWindows / MacなどのPCだけでなく。Spotify Connectを搭載した100機種以上にのぼるWi-Fiオーディオ機器やテレビ、ゲーム機で利用可能。PlayStation 4、PlayStation 3をはじめ、オンキヨー、ソニー、テクニクス、デノン、パイオニア、パナソニック、BOSE、マランツ、ヤマハ、Google Chromecast、BMW、MINI、ボルボなどのブランドと協業し、さまざまなデバイスから、いつでもどこでも、あらゆるユーザーに音楽を届けられるとしています。

広告付き無料聴き放題の「フリープラン」では、音楽を視聴中にときたま広告が挟まるものの、Spotifyの全楽曲をアーティスト別・アルバム別・プレイリスト別にシャッフルプレイで楽しめます。なお、スマートフォンでオンデマンド再生はできませんが、PCとPS4またはPS3であれば、全楽曲を30日あたり15時間までオンデマンドで楽しむことができます。

訂正:記事掲出時、スマートフォンでも30日15時間はオンデマンド再生が可能としていましたが、オンデマンド再生はPCとPS4、PS3でのみ可能でした。訂正しお詫び申し上げます。

月額980円(税込)のプレミアムプランでは、広告なしのオンデマンド(シャッフルなし)で音楽を楽しめるほか、ストリーミングの品質も320kbpsに向上。さらに、オフライン再生にも対応します。なおプレミアムプランは30日間無料で試せます。

また本日より、世界で10億ダウンロードを達成した音楽認識サービス Shazamと連携。Spotifyアプリから離れることなく、Shazamで認識した音楽をSpotifyを通じてフルに視聴したり、Spotify上のプレイリストに楽曲を追加できるとしています。

聴き放題音楽サービスSpotifyがついに日本上陸。遅れた理由は「4年かけて準備したため」

(更新完了)