ニコンは、デジタル一眼レフカメラの新製品『D5600』を11月25日に発売します。価格はオープンプライスで、直販サイトでの販売価格は9万1800円(税込)です。APS-Cサイズのイメージセンサーを採用する「DXフォーマット」機の中では、ファミリー層などに向けた比較的手頃なモデルという位置づけ。

従来機から自由なアングルで撮影を楽しめるバリアングル液晶モニターを引き継ぎつつ、D5000シリーズとしては初めて、カメラとスマートフォンを常時接続して撮影した写真を自動でスマートフォンに転送できるアプリ「SnapBridge」にも対応しています。
『D5600』は、有効画素数2416万画素、光学ローパスフィルターレス仕様の23.5×15.6mmサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラです。



前機種「D5500」に引き続き、タッチ操作に対応したバリアングル液晶モニターを搭載。モニターを動かして自分撮りなども快適に行えるほか、再生画面表示では最上位モデル「D5」で採用された「フレームアドバンスバー」を新たに採用。これはプレビュー写真下部に表示されるバーで、ドラッグ操作により多数の写真から確認したい写真を素早く探せます。



また、BLE(Bluetooth Low Energy)によりスマートフォンと常時接続し、カメラで撮影した写真をスマートフォンへ自動転送できるSnapBridgeアプリにも対応。転送操作を意識せずに、スマートフォンに写真を送れます。さらにスマートフォン側からの操作でリモート撮影を行うことも可能となっています。



さらに、上位機種「D7200」で採用されているタイムラプス動画の撮影機能も新たに搭載。流れる雲や街中を走る車など、長時間の変化を短時間に凝縮した動画を生成でき、SnapBridgeアプリによる転送も可能です。



記録媒体はSD/SDHC/SDXCカード、記録形式はRAW/JPEG。本体サイズは約124×97×70mm、重量はバッテリーとSDカード込みで約465g、本体のみで約415g。

なお、カメラ本体の発売とあわせて、レンズを組み合わせた「18-55 VR レンズキット」「18-140 VR レンズキット」「ダブルズームキット」の3種類のキットも同時発売されます。