パナソニックは、メガホン型翻訳機による多言語翻訳サービス「メガホンヤク」の提供を12月20日に開始します。法人向けに36か月契約で提供。公共機関や様々な展示会などで、訪日外国人の誘導をスムーズに行えるとしています。

メガホンヤクは、メガホン型の翻訳機を使い、音声入力した日本語を英語・中国語・韓国語の3カ国語に翻訳して再生可能にするサービスです。

約300の定型文をあらかじめ登録できるほか、頻繁な変更が想定される数字などの単語を含む文章は、いくつかのパターンから再生内容を選ぶことができます。これにより、誘導や非常アナウンスといった、正確な翻訳が求められる場面でも活用できます。

また、要望により、あらかじめ登録した文章以外でも、使用する場所や用途に合わせて、専用の文章を作成することも可能。Wi-Fiに繋がるIoT製品でもあり、ソフトウェアアップデートや定型文の追加もクラウド経由で可能。IoTを活用した保守管理の容易さも売りにしています。



なおメガホン型翻訳機は、防水・防塵に対応するため、屋外でも利用可能。機能は「定型文翻訳機能/再生」「タッチ選択再生」「繰り返し再生(ロックボタン)」の3つ。通常のメガホンとしても利用できます。