グーグルが「Google Earth VR」を公開しました。HTC Viveに対応し、Valve社のゲーム配信プラットフォームSteam上で本日からダウンロードできます。

Google Earthは、グーグルが2005年に公開したバーチャル地球儀ソフト。地形や都市をポリゴンでリアルに再現しているのが特徴です。そのVR版であるGoogle Earth VRでは、装着者が宙に舞い、地球の自然や都市の上空を自由に飛び回れます。




行き先に迷っても心配不要です。ツアー機能を搭載するため、グーグルがおすすめする場所、例えばアマゾン川やマンハッタン、グランドキャニオン、ローマ遺跡などの著名な観光地に、簡単にたどり着けます。

なお現時点で対応するのはHTC Viveのみ。他のプラットフォームへの対応は来年を予定しています。対応予定のプラットフォームは明かされていませんが、Oculusなどのほか、グーグル独自のモバイルVRプラットフォーム DayDreamへの対応にも期待したいところです。