ドコモ、中国での『海外1dayパケ』定額料金を12月1日から1280円から980円に改定

2017年3月31日まで中国、台湾、グアムなどで容量無制限になるキャンペーンも実施

JIN UTSUI
JIN UTSUI
2016年11月29日, 午後 12:30 in docomo
0シェア
FacebookTwitter
Other

NTTドコモは、海外において1日(24時間)単位でパケット通信を定額利用できるサービス『海外1dayパケ』を改定し、12月1日正午(日本時間)からは中国での定額料金を1280円(免税、以下同)から980円に値下げします。『海外1dayパケ』は、海外でのデータ通信を、24時間単位で定額利用できるサービスです。定額料金は本サービスが対応している105の国・地域別に、980円/1280円/1580円の3種類を用意。従来、中国はドイツやフランス、イタリアなどと同じ1280円に設定されていましたが、12月1日からはハワイ、グアム、韓国などと同じ料金の980円になります。

Other

値下げに合わせて、12月1日正午~2017年3月31日までの期間は、対象の国・地域において通信速度が制限されずに利用できる「World Lucky Spotキャンペーン」も実施します。『海外1dayパケ』は、24時間以内にデータ通信量が30MBを超えると通信速度が送受信時最大16kbpsに制限されますが、本キャンペーン中は通信速度が制限なしで利用可能になります。対象地域は中国、韓国、台湾、香港、マカオ、グアム、サイパン。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: docomo, roaming
0シェア
FacebookTwitter