デザインモチーフは「石」。Apple WatchとiPhoneを充電するアルミスタンド『StandStill+』

青森県の特産「錦石」を参考にした、滑らかなフォルムが特徴

JIN UTSUI
JIN UTSUI
2016年11月29日, 午後 02:50 in aluminum
0シェア
FacebookTwitter
Other

エー・ディー・サービスは、同社ブランド「watt-nave design」の新製品として、Apple WatchとiPhone向けの充電スタンド『StandStill+』を発売しました。価格は税別4500円。

『StandStill+』は、Ligthtning端子とApple Watchの充電器のスペースを天面に設けたことで、省スペースでiPhoneとApple Watchを充電できるアルミ製スタンドです。青森県の特産物である「錦石」をモチーフにしたフォルムを採用し、アルミを金型に流し込む鋳造方法で制作することで、滑らかな形状を実現しています。また、底面はアーチを描いた形状で、Apple Watchのベルトを通した状態でセット可能。

Other

LightningケーブルとApple Watchの充電ケーブルは、六角レンチを使って止めねじでスタンドに固定。ねじはパット付でケーブルにキズも付きにくくなっています。

Other

本体サイズは約101×58.8×29.5mm、質量は約240g。なお、LigthningケーブルとApple Watchの充電ケーブルは付属しません。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: aluminum, apple watch, iphone, recharge, Stone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents