iPhone 6sで、電池残量があるにも関わらず突然シャットダウンしてしまう不具合。アップルはこの無償修理プログラムを提供中ですが、自身のiPhone 6sがこの適用対象かを確認できるシリアル番号検索ページがこの度公開されました。

アップルが用意したバッテリー交換プログラムは、2015年9月から10月までの間に製造した「限られたシリアル番号の範囲内のデバイス」が対象。ただし画面にヒビが入っているなどの問題がある端末の場合は、先にそちらの修理を済ませておく必要があります。

同プログラムは11月下旬より開始していますが、シリアル番号を入力して確認するページが用意されておらず、ユーザーはバックアップをとったうえでアップルストア店舗か、正規のサービスプロバイダーにiPhoneを持ち込んで、そこでシリアル番号を確認する必要がありました。

今回シリアル番号検索ページが公開されたことで、プログラムの適用対象かの確認が容易になりました。シリアル番号を入力するだけでチェックが可能なので、iPhone 6sユーザーは1度確認しておくことをおすすめします。