Other

NTTドコモは12月9日、オリジナルブランドのAndroidスマートフォン『MONO MO-01J』を発売します。コストパフォーマンスに優れながらも、マナーモードのオン・オフを切り替えられる物理スイッチを設け、キャップレス防水にも対応するといった特徴も備えています。ボディカラーは、White、Blackの2色。

同社オンラインストアでの価格は3万2400円(税込、以下同)で、新規、MNP、機種変更のどれでも端末購入サポートとして3万1752円の割引が適用され、648円となります。


『MONO MO-01J』は、ZTEが製造を担当し、ドコモブランドとして展開する、Android 6.0搭載のスマートフォンです。ディスプレイサイズは約4.7インチ(1280×720ドット)で、キャップレス防水に対応。防水性能はIPX5/IPX7相当で、IP5Xの相当の防塵性能も備えています。

Other

本体側面にはマナーモードのオン・オフを切り替える物理スイッチが付けられ、ストラップホールも搭載している点はユニーク。また、VoLTE、ハイレゾ音源再生にも対応。

Other

CPUはQualcommのMSM8952(1.5GHz×4、1.2GHz×4のオクタコア)で、RAMは2GB、内蔵ストレージは16GBです。最大128GBのmicroSDXCカードを装着できるスロットも装備しています。カメラの性能は、アウトカメラ側が約1330万画素、インカメラ側は490万画素。

Other

無線規格はIEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.1をサポート。おサイフケータイには非対応です。対応周波数は、LTEが2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz、3Gが2GHz/800MHz、GSMが1.9GHz/1.8GHz/900MHz/850MHzです。

本体の大きさは約136×69×8.8mm、重さは約138g。バッテリー容量は2440mAhで、平均的な利用方法で約80時間動作するとしています。

別売で、ICカードの収納が可能な専用のブックタイプケースも販売。『MONO MO-01J』であらかじめ設定しておくと、カバーの開閉に連動して画面が自動点灯、スリープするよう動作します。ブルーグリーン、ピンク、ネイビーの3色展開で、同社オンラインストアでの価格は各色3240円。

Other