任天堂の新ゲーム機ニンテンドースイッチはそのバーチャルコンソール上でゲームキューブをサポートするかもしれません。

ゲーム情報サイトEurogamerが、複数の関係者からの情報として報じたところによると、Wii/Wii Uやニンテンドー3DSに用意された旧機種のゲームをプレイできるバーチャルコンソールがニンテンドースイッチにも用意され、ゲームキューブ専用ゲームだったスーパーマリオサンシャイン、ルイージマンション、大乱闘スマッシュブラザーズDXなどがラインナップされているとのこと。またバーチャルコンソールのゲームキューブエミュレーター部分の開発は任天堂ヨーロッパのNES Miniチームがあたるとされます。

一方、既存ゲーム機のバーチャルコンソールで購入したゲームタイトルは、そのままではニンテンドースイッチのバーチャルコンソールに移行はできない模様で、いくらかのアップグレード費用がかかるという話も。

任天堂からは、ニンテンドースイッチのバーチャルコンソールについての公式な発表はありません。任天堂は2017年1月13日に日米でニンテンドースイッチの詳細発表イベントを予定しているため、もしかするとこのときに、バーチャルコンソールでのゲームキューブサポートの話も聞けるかもしれません。