セレボのプロジェクターロボットTipron、ついに発売。スマホで指定した場所に自走、変形して画面投影

「あらゆる壁や天井をディスプレイに変える」がコンセプト

TOKORO KEI
TOKORO KEI
2016年12月9日, 午後 07:00 in weird
0シェア
FacebookTwitter


Cerevoは、プロジェクターを搭載した変形型ホームロボット『Tipron(ティプロン)』を発売しました。直販サイトでの販売価格は22万9800円(税抜)。12月中の出荷を予定しています。

米国ラスベガスで1月に開催されたCES 2016でお披露目された製品。「宅内のあらゆる壁や床、天井をディスプレイに変える」をコンセプトに開発されたプロジェクター搭載ホームロボットです。

本体上部に搭載したプロジェクターは、3mの距離で80インチの画面を投影可能。首の向きは、左右と上方向に各90°、下方向に35°動かすことができ、縦や斜めに画像を映すこともできます。また、台形補正やオートフォーカスの機能を備えるほか、本体にスピーカーも内蔵しています。



指定した位置に自動で移動して投影を行い、投影を終えると自動で充電ステーションへ戻ることが可能。また、移動時には転倒などを防ぐコンパクトな形態になり、プロジェクター投影時には全高約80cmの投影形態となる変形機能も備えています。



操作は、iOS/Android向けのスマートフォンアプリで行うことができ、場所・時間・コンテンツを指定して、毎日同じタイミングで壁や床、天井などに映像を投影できます。また、スケジュール機能で朝から晩までの投影スケジュールを組み立てることも可能です。



本体上部にはカメラも搭載しており、カメラの映像をスマートフォンで確認しながら、変形や移動をマニュアルでリモート操作することもできます。

本体内蔵のバッテリーで2時間利用でき、別売りのバッテリーをもう1本追加することで4時間の利用が可能。なお、バッテリーの単体販売価格は1万3800円(税抜)です。



そのほか、背面にはHDMIポートとUSBポートを備えており、PCやHDDレコーダー、ゲーム機などの映像を出力したり、USBメモリに保存した動画を再生することが可能。ChromecastやMiracastなどのワイヤレス映像伝送機器も利用できます。また、本体のみでYouTubeやRSSリーダーを表示できる機能も備えています。



おもな仕様は、画面サイズが最大80インチ(3m時)、最大解像度が1280×720(HD)、輝度が最大250lm。Wi-FiはIEEE 802.11b/g/n。専用アプリの対応OSはAndroid 4.4以降、またはiOS 10.0以降(推奨)。

本体サイズは、変形前が300×340×420mm、変形後が300×330×810mm。重量は約9.5kgです。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: cerevo, projector, tipron, weird
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents