蛇腹で伸び縮みするVRゴーグルを上海問屋が発売、2999円。収納時はパッとたためて、ピント調整も簡単

対応スマホはiPhone 7/Plusなど「4.7インチと5.5インチ専用」

TOKORO KEI
TOKORO KEI
2016年12月9日, 午後 04:30 in vr
0シェア
FacebookTwitter


上海問屋は、独特な蛇腹構造のスマートフォン装着型VRゴーグル『アコーディオン式 VRゴーグル』を2999円(税込)で発売しました。その名の通り、アコーディオンのような蛇腹構造をしているのが特徴。コンパクトに折り畳んで持ち運べるほか、ピント調整機能も備えています。

『アコーディオン式 VRゴーグル』は、使うときには蛇腹を広げて、持ち運ぶときには折り畳むことができるVRゴーグルです。折り畳めばコンパクトになるほか、重さが約210gと比較的軽量なので、出張時などにも持ち運びやすくなっています。



また、蛇腹を広げる際には、側面のマジックテープで位置を固定でき、目盛りを合わせることでピント調整が行えます。左右それぞれで違う位置に固定できるため、左右の視力が異なる場合でも問題なくピント調整が可能です。



なお、対応するスマートフォンのサイズは4.7インチと5.5インチのみ。iPhone 7/7Plus/6s/6s Plus/6/6 Plusなどが利用でき、4.7インチの場合は付属のアダプターを装着して使います。



そのほか、目の部分にはベロアのような肌触りのスポンジ素材を採用しており、長時間使用しても快適にVRコンテンツを楽しめるとしています。また、白い給食袋のような持ち運び用のソフトケースも付属します。



本体サイズは約175(W)×90(H)×105(D)mm、重量は約210gです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: dospara, SHANGHAI DONYA, vr, VR goggles, VrHeadset
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents