モバイル版Twitterアプリがアップデートしました。Twitterアプリ単体でライブ映像の配信操作が可能に。他のユーザーのライブ映像にコメントやハートも送ることができます。

これまで、Twitterアプリでライブ配信をしようとすると、Periscopeが自動的に立ち上がるシステムでした。今回のアップデートにより、Twitterアプリでツイートの作成画面から「ライブ」をタップするだけで、カメラ機能が立ち上がり、配信操作が可能に。ライブ配信したいものにカメラを向け「Go Live」をタップすれば、Twitterから直接ライブ配信できます。

ライブ配信されている動画は、Twitterアプリ単体やPeriscopeで閲覧可能。また、これまでperiscopeからのみ可能だった、コメントやスクリーンをタップしてハートを送ることも、Twitterアプリから直接行えるようになりました。なお、ライブ配信を利用するには、引き続きPeriscopeアプリをインストールしておく必要があります。つまり、TwitterとPeriscopeアプリの連携がよりシームレスになったというわけです。