クラウド確定申告ソフト「やよいの白色申告 オンライン」が無償化。入力、申告書類や帳簿作成がスムーズに

個人事業主は大助かり!?

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2016年12月19日, 午後 10:30 in services
0シェア
FacebookTwitter
 
弥生株式会社が、2016年12月26日より個人事業主向け確定申告ソフト「やよいの白色申告 オンライン」を無償化をすると発表しました。「やよいの白色申告 オンライン」は白色申告者を対象に2014年から提供を開始してきた確定申告ソフトで、これまでは電話サポートなしのセルフプランでは初年度無料、2年目から年間4860円という料金体系でした。

今回の無償化について弥生は、「白色申告 オンライン」から「やよいの青色申告 オンライン」への切り替え、つまり白色申告から青色申告へ切り替えるユーザーが増加していることから、「将来的な青色申告利用者への間口を広げる」という目的で無償化に至ったと説明しています。



上図のとおり、これまで年4860円(税込み)だったセルフプランが新たに「フリープラン」として生まれ変わり、無料で全ての機能が利用できるようになります。ただし、年8640円(税込み)で全ての機能に加え、電話・メール・チャットサポート、および業務相談サービスが利用可能なベーシックプランについては変更はありません。

個人事業主として新たにスタートする人にとっては、こうした専用の会計ソフトが無料で使えるようになるのは非常に助かること。これまで確定申告用ソフトを利用したことがない人も、まずはどんなものなのか試しに使ってみるのもいいかもしれません。

なお、白色とはいえ確定申告にも手間はかかります。ほかにもオンラインの確定申告向けアプリケーションはいくつかありますので、自分に合うものを選んで使われると良いでしょう。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: accounting software, cloud, cloud application, Cloud Apps, CloudApplication, services, tax, web services, WebServices, yayoi
0シェア
FacebookTwitter