Other

任天堂が12月15日(日本時間では16日)に公開したiOS向けゲーム『スーパーマリオラン』。このダウンロード数や収益などの速報値を調査会社のApp Annieが公開しました。

同社の調査によれば、公開から3日間(12月15日~17日)で、全世界でダウンロード数は約3700万件、収益は約1400万ドル(約16.5億円)を達成したとしています。この数値からは世界で100万人以上が課金、有料ユーザーへの転換率(コンバージョン率)は4%以上であることが推測されます。

最も好調なのは米国市場

ゲームの3大市場である米国、イギリス、日本にデータに分けてみると、総合的に最も好調なのは米国です。7%を超えるコンバージョン率を達成し、収益も約800万ドル(約9.4億円)と、世界での収益の55%以上を占めています。

3日目までに同ゲームが米国で獲得した日間アクティブユーザー数(DAU)は約300万人。この数字はiOSゲーム全体で見ても1位であり、利用状況データからも米国での人気がうかがえます。また、リリースから4時間でダウンロード数ランキングでトップに。Supercellの「Clash Royal」の10時間よりも早いペースだと同社は発表しています。

Other

一方、日本でのダウンロード数は3日間で750万件、収益は300万ドル(約3.5億円)。ダウンロード数ランキングではリリース後すぐにトップに上り、19日時点でも総合カテゴリーで首位を維持しています。なお、イギリスでのダウンロード数は150万件、収益は60万ドル(約0.7億円)。