スマホから遠隔操作で自動駐車するシステムが発表。日立の車両制御技術とクラリオンの周辺監視技術が連携

車外から無人で駐車・出庫が可能になり、特に省スペースでは重宝

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2016年12月22日, 午後 05:30 in technology
0シェア
FacebookTwitter


日立オートモティブシステムズとクラリオンは、車外から自動車の車庫入れ・出庫をスマートフォンによる遠隔操作で行えるリモートパーキングシステムを発表しました。

本システムは、日立オートモティブシステムズの車両制御ユニットやアクチュエーター制御技術、そしてクラリオンの周辺監視カメラシステム「SurroundEye」を連携させ開発したもの。専用のアプリケーションで操作することで、車外からでも無人で自動駐車・自動出庫を行うことができます。



利用者は、画面に表示された車両周辺の映像と車両の進行経路を確認できるため、危険を察知した場合には、瞬時に車両をストップさせることが可能。また、車両側にも歩行者や障害物などを検知すると車両を自動で停止させる機能を搭載することで、高い安全性も実現させました。他にも、駐車が苦手な人でも安心・安全に駐車できるよう、縦列・並列駐車などの駐車スタイルが選択できるのも特徴です。

昨今、自動走行が非常に注目されていますが、こうした自動での駐車・出庫も重要なポイント。特に道幅が狭く、駐車スペースも大きく取りづらい日本の都市部では、無人で駐車・出庫させられることは大きな利点です。今後は自動車メーカーへの提案を通じて実用化を目指すとしていますが、駐車が苦手な人にとっては早期に実現してもらいたいシステムといえます。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: car navigation, Clarion, Hitachi, smartphone, technology
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents