動画:FPV操作の潜水ドローンTTRobotix Sea Dragon、将来的にLTEによる無線操作も:CES 2017

潜水ドローン、日本でも発売準備中とのこと

弓月ひろみ(Hiromi Yuzuki)
弓月ひろみ(Hiromi Yuzuki)
2017年01月16日, 午後 06:05 in CES
0シェア
FacebookTwitter

Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。CES 2017会場に大きなプールを設置したTTRobotix。今回は、潜水型 FPVドローン Sea Dragon(コンセプトモデル)についてお届けします。

大きさは 654 x 483 x 254mmで、海水でも淡水でも利用可能。前方にロジテックのウェブカム C920 を搭載し、1080pのフルHDで撮影できます。映像をリアルタイムで確認しながら操作できます。最大60mまでの潜水が可能で、時速は最大2ノット( 約時速3.7km)。オートパイロットチップを搭載しており、アプリで操作します。将来的には4G LTE通信でやりとりできるとしています。

ちなみに、CES 2016ではSeawolfシリーズが発表されていました。こちらは有線で作動する「潜水型撮影アシスタントロボット」。GoProなどのアクションカムを別途取り付けるタイプの潜水型ロボットとなります。

日本ではどちらも発売準備中とのことですが、他に類を見ない 潜水型ドローンだけに発売が期待されるところです。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: CES, CES2017, drone, Engadget JP channel, FPV, GoPro, marine drone, Seawolf, TTRobotix
0シェア
FacebookTwitter