ワイモバイルは、セイコーソリューションズ製のストレートケータイ「603SI」を2017年夏以降に発売します。シンプルを追求し、主な機能を電話だけに絞ったのが特徴です。

「タブレットとセット」でシニア層に訴求

603SIは、ワイモバイルの2017年春モデル新商品発表会でチラ見せしたのみ。詳細な仕様や価格は公開されていません。ただ、スライドによればカラーバリエーションは3色展開となる模様。


ソフトバンク Y!Mobile事業推進本部 執行役員本部長の寺尾洋幸氏

発表会終了後の囲み取材に登壇した寺尾氏は、603SIについて「ザ・電話です」とシンプルさを説明。機能を電話だけに特化し、タブレット端末とのセットでシニア層に訴求するとしたうえで、「従来の2つ折りケータイって必要かな。もっと気軽に持てるケータイがあってもいい」とストレート形状の意義も強調しました。

携帯電話市場を振り返ると、2015年にはFREETELが、電話に特化したストレートケータイ「Simple」を発売。税別5980円という安さが話題を集めました。シンプルさを追求したという603SIが、どの程度リーズナブルに販売されるのか、楽しみにしたいところです。