Nintendo Switchを懐かしのゲーム機風にするステッカー発売。海外スーファミ風やゲームキューブ風など

計15種類、NINTENDO 64風やWii風、「スプラトゥーン」カラーまで

Shinichi Yamoto
Shinichi Yamoto
2017年02月6日, 午前 11:30 in game
0シェア
FacebookTwitter


車輪付きホバーボード向けのカスタムステッカーを販売する米国のサイトHOVER COVERが、Nintendo Switchを懐かしのゲーム機風などにカスタマイズするステッカー「Nintendo Switch Skin Custom Vinyl Wrap Decal Sticker」の予約受付を開始しました。柄は15種類で、価格は各19.99ドル(約2300円)。発売は4月上旬の予定です。



このステッカーは、Nintendo Switchの本体とTV接続用ユニット「Nintendo Switchドック」、そしてジョイパッド「Joy-Con」に貼り付けるもの。公式サイトによれば、テープや接着剤不要で簡単に着脱できるとされています。
これだけならば良くあるアクセサリーの類。NES CLASSIC(海外版ミニファミコン)、SNES(海外版スーパーファミコン)、ゲームキューブ、NINTENDO 64、Wiiといった、歴代任天堂ゲーム機カラーが存在しており、懐かしのゲーム機風に彩ることができます。


NES CLASSIC(海外版ミニファミコン)風カラー


SNES(海外版スーパーファミコン)風カラー


NINTENDO64風カラー


ゲームキューブ風カラー


Wii風カラー

また、インクが飛び散ったような「スプラトゥーン・カスタム」や、赤と緑のツートーンとなった「マリオ&ルイージ」カラーといった、任天堂ゲームをイメージしたものも登場。このほか、迷彩や宇宙柄など、あわせて15種類が用意されています。

「スプラトゥーン・カスタム」


「マリオ&ルイージ」


「カモ」

2017年3月8日の発売日を控え、Nintendo Switch用のアクセサリー類も盛り上がりを見せはじめており、既に液晶保護シートなどの発売がアナウンスされました。こちらのステッカーはロゴマークの使用などの権利関係に関して記載がないのが気になるところですが、カラーリングのカスタマイズで個性を主張したい人にはニーズのある品と言えそうです。

ちなみに同様の商品はハンドメイド品販売サイトのEtsyなどでも見かけられ(こちらは787円から)、むしろPCとプリンターを持つ人なら自前でデザインして作ってしまうのもアリかもしれません。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: custom, customization, game, nintendo, Nintendo Switch, NX, skin, switch
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents