デニム地スマートジャケット発表、GoogleとLevi'sが共同開発。$350で今秋発売

自転車通勤をする人向けのデニムのジャケットというのがアメリカっぽい

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2017年03月13日, 午後 05:45 in wearable
0シェア

テキサス州で開催されているSXSW 2017で、GoogleとLevi'sが共同開発したスマートジャケット「The Levi's Commuter x Jacquard by Google Trucker Jacket」を今秋発売すると発表しました。価格は$350。

このジャケット、Google ATAP(Advanced Technology and Projects)で開発された布に導電糸を織り込みジェスチャーコントロールを可能にするJacquardを採用。袖口をタップやスワイプすることでスマートフォンを操作できるというもの。昨年のGoogle I/Oで発表され、価格などの詳細は明らかにされていませんでした。

袖口の着脱可能なタブを介してスマートフォンとBluetooth接続しており、充電はタブ本体にあるUSB端子で行います。一回の充電で約2日間利用可能。ジャケットそのものは、Bluetoothタブを外した状態であれば、通常の衣類と同様に洗濯が可能です。



袖口をタップしたりスワイプすることで音楽を再生したり電話に出たりできますが、これだけであればスマートウォッチで事足ります。しかし、元になっているLevi's Commuter Trucker Jacketはもともとサイクリスト向けの製品であり、自転車に乗って使うことを考えるなら袖の下に入ってしまうスマートウォッチよりも使いやすそうではあります。

Levi'sではこの技術を他の製品にも展開する計画だとしており、今後、スマートジーンズのようなものも登場するかもしれません。


TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: atap, commuterjacket, google, jacquard, levis, projectjacquard, sxsw2017, wearable
0シェア